過去記事をツイートする作戦 Tweetily とその設定

カテゴリー : WordPress

投 稿 日 :

更 新 日 :

この記事は書いてから 約5年 経過しています。

※1年以上経過しているので情報が古い可能性があります。

タ  グ  : | |

過去記事をツイートする作戦 Tweetily とその設定

せっかく一生懸命記事にした過去記事にアクセスが無いと寂しいですよね。

そんな WordPress使いの人にお送りする

過去記事自動つぶやき作戦!!

まぁ、要するにプラグインで過去記事をツイートするだけの話なんですがね。

使うプラグインは Tweetily というプラグイン。

ツイッターのアカウントをゲット

自動つぶやき専用のツイッターアカウントを新規に取得します。

もちろん専用のアカウントである必要も無いので、使用しているツイッターアカウントでも構いません。

ツイッターのアカウントはメールアドレスがあれば簡単に取得できます。

エックスサーバーの人は先日記事にしたメールアドレスの作り方を参考にして下さい。

エックスサーバーでメールアドレスの作り方

Tweetilyを導入

プラグイン Tweetily を導入します。

プラグイン>新規追加で検索すると出てきます。

Tweetily 導入

有効化すると管理画面のメニューに Tweetily の項目が出ます。

Tweetily 有効化後

初めに管理画面にいくと Sign in with Twitter のボタンが表示されます。

押す前に Twitter にサインインしといて下さい。

Tweetily サインイン

それからボチッと押します。

すると画面が切り替わって「連携アプリを認証」のボタンが。

これを押します。

Tweetily 連携アプリ認証

You’re Connected! と表示されればOK

Tweetily の設定

英語ですが簡単です。

Tweet Content
つぶやく内容の選択。タイトルだけ、本文だけ、タイトルと本文両方。

Additional Text
ここに書いた文章は、つぶやく時に追加されます。

Additional Text Location
上の Additional Text を最初に追加するか最後に追加するか選択。

Include Link
投稿へリンクするか。これは Yes だね。

Use URL shortner
短縮URLを使うか。

URL Shortener Service
短縮urlサービスのどれを利用するか選択。

私の場合なんですが、一度短縮URLサービスを使用したらエラーでつぶやけなかったです。
選んだサービスがダメだったみたい。
「is.gd」というサービスなら使えました。

#Hashtags
ハッシュタグを入れるか。カテゴリーとかタグをツイッターのハッシュタグとしてつぶやけます。

Use inline hashtags
ハッシュタグを表示する時にインラインにするかどうか。

Maximum characters for hashtags
ハッシュタグを付ける時の文字数の制限みたい。
日本語は1文字で2になると思うから注意。

Time between tweets
つぶやく間隔を決めます。1なら1時間おきになります。

Random Time Added
つぶやく記事をランダムで選択する場合?
前の項目の Time between tweets との設定関係はどうなるんだろ?

Minimum age of post
いつからの記事をつぶやくか決めます。

Maximum age of post
いつまでの記事をつぶやくか。

Enable Logging
ログを記録するか。

Number of Tweets
一度につぶやく回数を設定できます。

Select post type
つぶやくのは投稿記事か固定ページか両方か。

Exclude Categories
ここで指定したカテゴリーはつぶやきません。

最後に Update Tweetily Options で設定を保存します。

これで時間が来れば自動でつぶやいてくれるハズ。

待てないせっかちさんは Tweet Now! を押すと即つぶやいてくれます。

ちなみに、任意の投稿記事をつぶやきたくない場合にはメニューの Exclude Posts で設定できます。

注意!日本語でつぶやく場合には修正が必要です!

日本語はマルチバイトなのできちんとツブやかせるなら修正が必要となります。

これは詳しく解説してくれている有難いサイトさんがあります。

過去記事紹介プラグイン Tweetily を日本語対応修正する!

簡易版修正と完全版修正があります。

ハッシュタグをつぶやくなら完全版で修正しましょう。

そんなに難しくありません。慎重に行えばどなたでも出来る修正方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*