Flickrから検索→画像投稿→アイキャッチにも Flickr – Pick a Picture

カテゴリー : WordPress

投 稿 日 :

更 新 日 :

この記事は書いてから 約5年 経過しています。

※1年以上経過しているので情報が古い可能性があります。

タ  グ  : | | | |

Flickrから検索→画像投稿→アイキャッチにも Flickr – Pick a Picture

以前に Flickr から画像を検索して画像を投稿に使用するプラグインを紹介しました。

著作権を侵害せずサイトを華やかに Photo Dropper

新しくなった PhotoDropper を使ってみた(PhotoDropper 2.0.1)

PhotoDropper というプラグインでしたが、何だか使えなくなったりしちゃったのでもう使ってませんでした。

そこで 同じような別プラグインを見つけたので紹介。

Flickr – Pick a Picture というプラグインです。

公式に登録されてますので検索して有効化。

もちろん下記サイトからダウンロードしてもOK

Flickr – Pick a Picture

設定画面

Flickrから検索→画像投稿→アイキャッチにも Flickr - Pick a Picture その1

API Key というのは既にインプットされてました。

自分のを持ってる人はそれを入力してもよいのかな。

Flickr Licenses というのがあります。

これは著作権に関するチェック項目。どのライセンスのものを検索するかを選びます。

ライセンスの意味は下記サイト様に教えてもらいました。有難うございます。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスって何? Flickrの設定はどうすればいいのか。

↓ こんな感じだそうです。

Attribution License
原作者のクレジット(氏名、作品タイトルとURL)を表示することを守れば、改変はもちろん、営利目的での二次利用も許可される最も自由度の高いCCライセンス。

Attribution-NoDerivs License
原作者のクレジット(氏名、作品タイトルとURL)を表示し、かつ元の作品を改変しない条件で、営利目的での利用(転載、コピー、共有)が行えるCCライセンス。

Attribution-NonCommercial-NoDerivs License
原作者のクレジット(氏名、作品タイトルとURL)を表示し、かつ非営利目的であり、そして元の作品を改変しないことを守れば、作品を自由に再配布できるCCライセンス。

Attribution-NonCommercial License
原作者のクレジット(氏名、作品タイトルとURL)を表示し、かつ非営利目的であれば、改変したり再配布したりすることができるCCライセンス。 

Attribution-NonCommercial-ShareAlike License
原作者のクレジット(氏名、作品タイトルとURL)を表示し、かつ非営利目的に限り、また改変を行った際には元の作品と同じ組み合わせのCCライセンスで公開することを守れば、改変したり再配布したりすることができるCCライセンス。

Attribution-ShareAlike License
原作者のクレジット(氏名、作品タイトルとURL)を表示し、改変した場合には元の作品と同じCCライセンス(このライセンス)で公開することを守れば、営利目的での二次利用も許可されるCCライセンス。

No known copyright restrictions
知的所有権を所有し主張する人物の存在が明らかでない著作権者不明の作品などに付けられたライセンスで、事実上、著作権による制限がないもの。

All Rights Reserved
写真をアップした人が全ての権利を保有。本人以外はその写真を使用しちゃダメってこと。

続いて投稿画面に移ると、「メディアを追加」の横にカメラアイコンが表示されてると思います。

それをポチッとすると検索画面になります。

日本語で「猫」と検索してみると↓

Flickrから検索→画像投稿→アイキャッチにも Flickr - Pick a Picture その2

1枚選びます

Flickrから検索→画像投稿→アイキャッチにも Flickr - Pick a Picture その3

画像は自分のサーバーに保存されますので Flickrで削除されても使い続けることができます。

ここから「アイキャッチ画像として使用」を押せばアイキャッチとして登録もされます。

画像選びに苦労している人は試してみたらどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*