【自動変換】【プラグイン】 カスタムフィールドの住所 → カスタムフィールドの緯度、経度

カテゴリー : WordPress

投 稿 日 :

更 新 日 :

この記事は書いてから 約4年 経過しています。

※1年以上経過しているので情報が古い可能性があります。

タ  グ  : | |

【自動変換】【プラグイン】 カスタムフィールドの住所 → カスタムフィールドの緯度、経度

最近、Google Maps API をイジくりまわしてます。

一つの地図に複数のマーカーを表示するには、こないだ記事にした方法では出来ないというのが分かり

カスタムフィールドの住所からグーグルマップを画像として表示

それを実現するには緯度(lat)と経度(lng)を取得しなければならないらしい。

住所は既にカスタムフィールドに入力されているか、これから入力するという前提で

カスタムフィールドの住所から緯度、経度を調べる
 ↓
緯度、経度の値を別なカスタムフィールドに入れる。

というのを自動で行えるようにしたいので調べたら

ドンピシャ!のプラグインが公開されていました。

postがsaveされたら、自動的に経度緯度をカスタムフィールドに設定するplugin

もう、ホント助かります!

【追記】2013年11月から急に緯度と経度を取得出来なくなりました。私は下記の方法で直りましたので試してみて下さい。

上記の save_post を wp_insert_post に変更。これで私は大丈夫でした。

で、既に「住所を入力しちゃってるんですけど(涙)」という人で、プラグインとかPHPとかに詳しくない人は下記方法を。

上記の ‘address’ のところがカスタムフィールド名なので、ここを自分が設定した(しようとしている)ものに変更。

次に

上記の

‘_lat’ が緯度を入れるカスタムフィールド名なので、ここを自分が設定した(しようとしている)ものに変更。
(3か所)

‘_lnt’ が経度を入れるカスタムフィールド名なので、ここを自分が設定した(しようとしている)ものに変更。
(3か所)

これで完了です!

入力した住所は無駄にならないぜよ!

ちなみに、その投稿記事を保存(セーブ)する時点で住所から緯度、経度に自動変換されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*