【Post From Site】 管理画面以外から投稿するプラグイン 【その1】

カテゴリー : WordPress

投 稿 日 :

更 新 日 :

この記事は書いてから 約4年 経過しています。

※1年以上経過しているので情報が古い可能性があります。

タ  グ  :

【Post From Site】 管理画面以外から投稿するプラグイン 【その1】

記事を投稿するには 管理画面 → 投稿 → 新規投稿 という流れになってますが、

管理画面に行かずとも、サイドバー等に投稿フォームを設けて、そこからチャッチャッと素早く投稿できるようにするプラグインがいくつかありました。

数回に分けて検証したいと思います。

まずは Post From Site を入れてみました。

更新が止まっているプラグインですが WordPress 3.9.1 でも動きました。

ただし、セキュリティーの面はどうなのか? 私は良く分かりません。

Post From Site の設定

Allow anonymous (not logged in) users to create posts?
これをチェックしてしまうと誰でも投稿可能になるようですね。
気を付けましょう。

Posts by anonymous users should be created by this author
誰でも投稿出来るようにする場合に新しいuserを作成するのかな?

Enable Recaptcha for not logged in users? (recommended)
リキャプチャを使う場合にチェック。誰でも投稿出来るようにした場合のロボット対策かな。

Recaptcha API public key:
Recaptcha API private key:
リキャプチャ使う場合に必要。

Post status:
投稿した時に公開にするか下書きにするかを選択

Post type:
投稿か固定ページか選択

Comment status:
コメントを受け付けるか否か

Allowed taxonomies:
カテゴリーとかタグとかを選択させるようにするか

Allow users to upload an image?
画像ファイルをアップロードできるようにするか

Image size setting to use:
画像の大きさを選択

Post From Site の使い方

ウィジェットに置く事も出来れば、ショートコードを使うことも。

PHPでテンプレートで使用する事も出来るようです。

テーマで使う場合には

とすれば投稿フォームが表示されます。

これだと「ここをクリック」をクリックすると下記のような投稿フォームがポップアップします。

Post From Site-1

このプラグイン Post From Site は「Post(投稿)」ボタンを押しても画面が変わらないので、「あれ?投稿できてない?」と思ってしまうのですが実際は出来てますので注意です。

メール投稿を利用しているのかも。再読み込みすれば投稿されてるのが確認できますが、そのへんが問題かなと。

Post From Site

管理者だけに投稿フォームを表示

セキュリティーとしてはログインしている人にだけ投稿フォームを表示させるようにした方が良いのかなと思います。

ウィジェットに投稿フォームを設置するのなら プラグイン Widget Logic を入れて制御しましょう。

上記コードを入れればログインしている人にだけ表示されます。

ユーザーレベルでも制御できますが非推奨らしいので。

テーマに直接書く場合は

とすれば良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*