子テーマは import より wp_enqueue_script() を使いましょう

カテゴリー : WordPress

投 稿 日 :

更 新 日 :

この記事は書いてから 約2年 経過しています。

※1年以上経過しているので情報が古い可能性があります。

タ  グ  :

子テーマは import より wp_enqueue_script() を使いましょう

テーマを直接カスタマイズしてる悪い子はいねぇーだか?

WordPressのテーマをカスタマイズするなら必ず 子テーマ で行うのはもはや常識ですよね。

Twenty Twelve をカスタマイズ!の前に子テーマを知る

さて、子テーマの作り方が変わったのを御存知?

これまでは style.css に @import を使う方法でしたが、これが非推奨になりました。

正しい 子テーマ の作り方は

子テーマフォルダーを作って style.css と functions.php を作って有効化します。

style.css は
(TwentyTwelve の場合)

functions.php は

最低限、この2つがあれば 子テーマ として認識されるようです。

下記記事等を参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

「@import」を使わないWordPress子テーマの正しい作り方

WordPressの子テーマで@importを使わないでCSSを読み込む方法

子テーマ – WordPress Codex 日本語版

子テーマは import より wp_enqueue_script() を使いましょう」への2件のフィードバック

  1. ねぎし(negishi)

    子テーマは必須が当たり前だったのですね、、、
    まだまだ初歩中の初歩も知らなかったです、、
    コメントいただいて、急いで子テーマ作成中です!
    教えてくださってありがとうございました!

  2. くーた 投稿作成者

    >ねぎし様
    コメント感謝です!
    子テーマを作った方が色々と良いことが多いです。
    テーマのアップデートの時に真っ新にならないし、カスタムしたところが分かるし。
    頑張りましょーー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*