カテゴリーが少なければ記事をどのカテゴリーにするかは、それほど苦ではないかもしれません。

しかし!

カテゴリーが多かったりすると記事を書いた後に、カテゴリーの設定をするのが結構メンドくさかったりしませんか?

そんな自分の為にプラグイン【Auto Set Category】を作りました。

どんなプラグイン?

記事の本文中に「カテゴリーと同じ文字列」が存在した場合に、そのカテゴリーを自動でセットしてくれます。

例えば、カテゴリーが「仕事」「読んだ本の感想」「恋人の花子」「その他」とあったとします。

そして、記事の本文中に

『今日は仕事が山ほどあったけど、明日は恋人の花子とデートだから頑張って終わらせたぜぇ』

という文章があったとしたら

この記事には「仕事」と「恋人の花子」がカテゴリーとして設定されます。

設定されるタイミングは記事を保存、更新、公開した時に行われます。

公開済みの記事はどうなるの?

既に公開している記事も更新すれば自動設定をします。

記事が多い場合には

管理画面→記事一覧で一覧を表示

左端のチェックボックスをチェックして複数の記事にチェックを入れ

「一括操作」の「編集」を適用

何もせず更新ボタンを押す

これで複数記事をまとめて自動設定することが可能です。

どんな仕組みなの?

セーブする時にカテゴリーと同じ言葉が本文に有るかチェックしてます。

有ればカテゴリー設定しますが、無い場合はチェックを外すという事もしています。

コードは下記の通り簡単な仕組みです。

これを functions.php に追加しても同じ動作をしてくれます。

ダウンロードはこちらから

Auto Set Category (642 ダウンロード)

「自動でカテゴリーを設定する WordPress プラグイン Auto Set Category」への4件の返信

  1. はじめまして!柳瀬ともうします。
    Auto Set Categoryすごく重宝してもう手放せなくなっています!

    質問なのですが、本文ではなく、タイトルだけをみてカテゴリーを振り分けるにには
    どうしたらいいでしょうか?

    もし、教えていただければ、コチラで修正いたします。

コメントは受け付けていません。